即日融資をしている金融機関一覧

大手のサービスで安全かつスピーディに借りられる代表は以下の4つです。

 

土日祝日も即日融資可能な消費者金融

 

  • プロミス
  • モビット
  • アコム
  • アイフル

 

なかでもプロミスはお金が借りられるかどうかの事前3秒診断がものすごく便利で、利用者の第一の選択肢になるケースが多いです。

 

【プロミス】

わかりやすい3秒診断が便利
土日祝日も申込可能

 

ネットからの申込みをしてWEB契約なら店舗への来店不要最短1時間融資でお金を借りれるのがプロミスの借りやすいポイント。わかりやすい3秒診断でスピーディーな回答が便利です。

 

申込は365日24時間可能

借入の申込は365日24時間受け付けていますし、土日祝日も申込できます。インターネット申し込み後、審査に通れば、即日融資も可能

 

また、プロミスの無利息サービスを活用すればサービス期間内は利息0円で利用できます。(※詳しくはプロミス公式サイトでご確認下さい。)

フル入力が審査速くおすすめ!

 

 

即日融資の消費者金融キャッシング

即日融資でお金を借りるなら、大手の消費者金融を利用するのがオススメです。たとえば土日祝日にお急ぎでお金を借りる理由が発生した時でも、CMでも有名な人気キャッシングサービスならば頼れる強い味方になってくれるでしょう。

 

大手の消費者金融は銀行系カードローン(参考:銀行系カードローンとはとも呼ばれ銀行の傘下に入っていることからも、以前のようなサラリーマン金融のイメージを取り除き、安心安全に即日融資を利用できるようになっています。

 

同じ大手の消費者金融であっても即日融資を受けるのに最も有効な方法はそれぞれのサービスによって違います。たとえば以下の有名な会社の場合だと、土日祝日利用でのオススメはこのような方法となるのです。ただし、いずれのキャッシングサービスでも年末年始に即日融資を受けることは難しいため要注意です。

 

即日融資ならWeb完結がオススメ!モビットでお金を借りる方法とは

大手のキャッシングサービスは知名度や人気が高いだけでなく、申し込みの当日中に融資を受けられるようなシステムが整っているんです。特に三井住友銀行グループの消費者金融であるモビットでは、Web完結での申し込みも可能なので、即日融資に向けて素早く手続きを進めていくことができます。

 

ただしモビットでWeb完結の申し込みをする場合には、以下の条件を満たしている必要があるのです。

 

モビットでWeb完結申込を利用するための条件

@利用口座の条件

三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・ゆうちょ銀行のいずれかの口座があり、振り込み融資と口座振替での返済に利用できること

A提出書類の条件

本人確認書類:運転免許証・パスポートのいずれかのコピーが提出できること
■収入証明書類:源泉徴収票・税額通知書・所得証明書・確定申告書・給与明細書(直近2ヶ月分・可能ならば直近1年分の賞与明細書)が提出できること
■勤務先確認書類:社会保険証・組合保険証・直近1ヶ月分の給与明細書(収入証明書類で提出がない場合)

申し込みの際に提出する書類の種類が多く、一見して面倒に感じる方もいることでしょう。確かにモビットのWeb完結申込は必要書類を揃える手間がかかりますが、即日融資を希望する場合にも利用するメリットは多いです。

 

  • 電話連絡なし:勤務先への電話による在籍確認なしのため、審査がスムーズに完了する
  • 郵送物なし:契約書類やカードの郵送がないため誰にも内緒で即日融資を受けられる
  • Webで振り込み依頼:ネットで振り込みの手続きが可能、最短3分で振り込み完了(平日9時〜14時50分まで手続き完了の場合)

 

モビットのWeb完結ならば、即日融資に必須となるスピーディーな申し込み・審査・契約手続きが可能です。特に審査では勤務先への電話連絡なしとなっています。必要書類を提出することで「電話による在籍確認なし」となり、職場バレを防ぎながら素早く手続きを進めることができます。

 

契約書類やカードの郵送なしで契約を完了することができるので、自宅へ郵便物が届く心配もありません。親バレや家族バレが不安という方も安心してモビットで即日融資を受けることができるでしょう。

 

平日ならば、ネットから依頼すれば最短3分で自分の口座に振り込みしてもらえます。ただしモビットのWeb完結は土日や祝日に即日融資を受けたい時にはオススメできません。休日にも関わらずスムーズに審査通過できたとしても、銀行が振込み業務を行うことができないため土曜日や日曜日・祭日の即日融資は不可となってしまうのです。

 

Web完結の利用条件を満たすことができない方や土日・祝日の場合には、Web完結以外の通常のカード申し込みを利用する必要があります。平日ならば14時50分までの振込依頼完了や、三井住友銀行のローン契約機からカード発行をすれば即日融資可能です。夜間や土日祝日であってもローン契約機から即日カード発行をすれば、ATMから即日融資を受けられる可能性は充分にあります。

 

アコムの土日祝日の即日融資はATMも振込みもオススメ!

三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムは、誰もが知っている大手消費者金融と言えるでしょう。アコムのホームページ内でも「即日融資も可能」と明記していますので、お急ぎの時に最も頼れるキャッシングサービスの1つとなっています。アコムでは消費者金融の中で唯一クレジットカードを発行していますが、即日融資を希望するのであればやはりカードローンの利用が最速となるでしょう。

 

アコムには初回の利用で契約日の翌日から適用される30日間無利息サービスも用意されているんです。一定期間利息0円でお得にお金を借りることができるのはアコムを利用するメリットの1つと言えます。

 

アコムの審査時間は最短30分という早さであるため、普通に早い時間に申し込みをすれば即日融資で借入れできる可能性は高くなるでしょう。多くの方が心配になるのは、平日でなく土日や祝日の即日融資が可能かということかも知れませんね。

 

安心してください。アコムは平日だけでなく、土曜日や日曜日・祭日などにも即日融資でキャッシングできるシステムが整っているんです。アコムで土日祝日に即日融資を利用する方法は2つあります。

 

土日祝日にアコムで即日融資を利用する方法

  1. アコムの店頭窓口・自動契約機「むじんくん」でカードを発行してATMから即日融資を利用する
  2. ネット契約後、楽天銀行口座への振込キャッシングで即日融資を利用する

 

アコムから即日融資を受ける方法は、ATM利用も振込みもオススメとなります。どちらの借入れ方法を選択する場合でも、初めにインターネットか電話で申し込みを済ませておくと、その後の手続きがスムースになるんです。申し込み後に審査に通ることができれば、来店契約の場合には店頭窓口か自動契約機「むじんくん」で即日カード発行が可能です。

 

平日の当日振込みの受付時間を過ぎた場合や夜間・土日祝日であっても、むじんくんからカードを発行すればアコムのATMやコンビニ・提携金融機関のATMからの即日融資も可能です。

 

楽天銀行口座をお持ちの方ならば、土日祝日であっても振込みキャッシングでの即日融資も可能になっています。その他の銀行口座への振り込みは土曜日や日曜日などの場合だと翌営業日以降の入金となってしまうのです。

 

土日祝日の楽天銀行とその他の銀行への振込み時間

金融機関

土日祝日の受付け時間

振込み実施時間(目安)

楽天銀行

0時10分〜23時50分

受付完了から1分程度

ゆうちょ銀行

0時10分〜23時50分

翌営業日 正午頃

銀行・信用金庫

0時10分〜23時50分

翌営業日 9時30分頃

※平日の振り込み時間についてはこちらで確認してください。⇒アコム公式ホームページ「お借入ご利用方法と振込実施時間

 

アイフルから即日融資で借りるならオススメはネット申し込み&電話

消費者金融のアイフルは、大手の中で唯一独立経営のキャッシングサービスです。独自の経営を行っているように見えるかも知れませんが、他の有名な銀行系カードローンと同様に即日融資も可能となっています。初回の利用では30日間無利息サービスにより一定期間は金利0円でキャッシングできるようになっているのでお得ですよね。

 

アイフルから即日融資でお金を借りるならば、以下のような流れで手続きを進めると審査にかかる時間を少しだけ短縮することが可能になります。

 

  1. パソコン・スマホ・携帯電話からインターネット申し込みを完了する
  2. アイフルのフリーダイヤルに電話をかける
  3. 審査結果を電話かメールで連絡
  4. 契約・借り入れ

 

インターネットからの申し込みが済むと、アイフルから申し込みの受付け完了メールが届きます。メールを確認後、アイフルのフリーダイヤルに電話をかけることで優先して審査を開始してもらうことが可能になるのです。審査が終了すると電話かメールで審査結果が連絡されるので、2つの借入方法の内どちらかを選択します。

 

  • 振込予約での借り入れ
  • カードでの借り入れ

 

振込予約での借り入れ

インターネットか電話で振込予約をすることで、即日融資も可能になります。ただし受付時間によっては振り込みが翌営業日になってしまうこともあるので注意が必要です。土日や祝日など銀行が振り込み業務を停止している場合には、即日振込みでお金を借りるには難しいでしょう。

 

土曜日や日曜日に今すぐお金を借りたいというお急ぎの場合には、借入方法をカードでの借り入れに切替える必要があります。

 

カードでの借り入れ

アイフルの店舗にある無人契約でんわBOXの「てまいらず」から即時カード発行をすることで、併設されているATMやコンビニなどの提携ATMから土曜日や日曜日・祭日であっても即日融資を受けることができます。てまいらずの使い方については、無人契約でんわBOXに入り、備付けの電話からオペレーターに電話をかけ、案内に従って操作するだけです。(参考:アイフル「てまいらずとは」

 

 

大手の消費者金融で即日融資を利用するメリットとは?

 

即日融資可能な消費者金融の中でも特に人気のある会社では、共通している利用のメリットがあるんです。

 

大手の消費者金融では、インターネットでの申し込みにも対応しています。即日融資に必要なのは手続きのスピードと言えるため、土日や祝日でも思い立った時に24時間申し込みできることは重要なポイントとなるのです。

 

即日融資にも対応している有名なカードローンサービスの会社は、審査経験や保有しているデータ量が豊富です。加えてスコアリングシステム(参考:iFinance「スコアリングシステム」による審査を行っているため、審査が最短30分で完了するほどのスピードとなっています。

 

カードローンで即日融資を受ける方法には、カードを即日発行しATMからお金を借りるというのもあります。少しでも早くキャッシングしたいのであれば、自動契約機などの利用はオススメです。自社の自動契約機や提携銀行のローン契約機が利用できるのも、大手の消費者金融を利用するメリットと言えるでしょう。

 

カードローンの専用カードを利用する以外では、振り込みによる借り入れにも対応しています。即日融資であっても自分の保有している銀行口座を振り込み先として指定できるので助かりますよね。銀行カードローンだと多くの場合で即日融資には同じ銀行の口座が必要となることが多いです。

 

大手消費者金融を利用するメリット

 

  • インターネットなら土日や祝日でも24時間申し込み可能
  • 最短30分のスピード審査
  • 自社の自動契約機や提携銀行のローン契約機が利用できる
  • 自分の銀行口座への振り込み融資も可能

 

 

即日融資の銀行カードローン

「銀行カードローンは審査に時間がかかる」というイメージを持っている方も少なくないでしょう。確かに銀行には、住宅ローンやマイカーローン・フリーローンなど審査に一定の時間を必要とするローンも多いです。銀行の審査はどのローンであっても即日審査・即日融資は難しいと考えるのが普通かも知れません。

 

ですが、多くの銀行では消費者金融と同じように即日融資も可能なカードローンの利用が可能になっているんです。銀行カードローンの場合には消費者金融と同じようなサービスではあるものの、やはり次のような違いがあります。

 

  • 消費者金融よりも審査に時間がかかる場合が多い
  • 銀行カードローンの方が消費者金融よりも低金利・高額での即日融資が可能
  • 即日融資でお金を借りるための条件がある場合も多い
  • 専業主婦でも即日融資が可能
  • 土日祝日の即日融資は難しい銀行が多い
  •  

 

上記の銀行カードローンの特徴は、即日融資を受ける際のメリットとなる場合もありますがデメリットと言えることもあるため、それぞれについて簡単に解説していきます。

 

消費者金融よりも審査に時間がかかる場合が多い

近頃の銀行カードローンは審査の早さをメリットとしていることが多いですが、それでも銀行によっては審査に時間がかかる場合もあります。大手の銀行カードローンでは消費者金融が保証会社となり審査も担当しているため、最短30分で審査が終了することもあるんです。

 

一方、それ以外の銀行では審査に2日以上の時間を要する場合もあります。インターネットで申し込み可能な銀行は多くなっていますが、必ずしも即日審査が可能とはならないためお急ぎの場合には申し込みの銀行に注意が必要です。即日融資が希望ならば、対応可能な銀行を利用するか大手の消費者金融がおすすめとなります。

 

低金利や高額での即日融資も可能

銀行カードローンを利用するメリットと言えば、低金利で高額融資が可能になっているということでしょう。消費者金融と同じように無担保や保証人なしでも即日融資してくれるため、できることならば少しでも金利の低い所でキャッシングしたいと思う方も多いはずですよね。

 

銀行カードローンは低金利で利用限度額も大きいため、貸し倒れのリスクも大きくなっています。銀行は融資したお金の返済が滞った場合のリスクを考えて消費者金融よりも審査基準を厳しく設定しているんです。(参考:銀行カードローンの審査は厳しい?審査落ちるのが気になる方へ

 

即日融資も可能としている銀行カードローンであっても、審査に時間がかかる場合があるのは審査基準の厳しさも関係していると言えます。短期間であり、10万円程度の借り入れであるならば数%の金利差も大きな利息の違いになることはないため、即日融資を希望するのであれば、消費者金融の方がおすすめかも知れません。

 

銀行カードローンは即日融資の条件があることも多い

銀行カードローンの場合、消費者金融とは違って振込先が利用する銀行口座に指定されていることが多いです。持っている銀行口座のキャッシュカードをそのままローンカードとして機能を追加するケースもあります。

 

カードローンを利用するにはその銀行の口座を持っている必要があるため、普段付き合いのない銀行から即日融資でお金を借りるのは難しい場合もあるでしょう。たとえば消費者金融のアコムの場合ですと、どの銀行口座を持っていても当日扱いの時間内ならば振り込みでの即日融資も可能です。

 

振り込みで即日融資を受ける場合、振り込みの受付時間が重要となります。消費者金融であれば振り込みが無理な時間帯となってしまっても、勤務先からの帰宅時に自動契約機から即日カード発行が可能です。

 

銀行カードローンで即日融資を受けたい場合には、事前に利用条件の確認が必要になることも注意点の1つとなります。消費者金融で即日融資を受ける場合と比較すると即日融資の条件が多いため、このことではデメリットと言えるでしょう。

 

専業主婦でも銀行カードローンで即日融資が可能

お金を借りる方が正社員やパートなどでなく専業主婦である場合、「即日融資でキャッシングできる?」ということ以前に、カードローンの利用が可能であるかがまず問題となります。どこの金融機関からお金を借りるにしても、安定した収入があることが条件となっているからです。

 

収入が0円である専業主婦の方は、消費者金融からお金を借りることができないのが現状となっています。消費者金融は貸金業法に照らし合わせた営業を行っているため、総量規制という法律が大きく関わって来るのです。貸金業法が改正されてからは、以前までは専業主婦の利用が可能であったのが、ほとんどの消費者金融では申し込みもできない状況となっています。

 

対して、銀行カードローンの利用では銀行法が関係しているため総量規制の対象外ということになります。専業主婦の方であっても、銀行カードローンから来店不要・即日融資での借り入れも可能になっているのです。

 

 

総量規制とは?


貸金業法により、お客様が貸金業者から借りることのできる額の総額に制限が設けられている規制のことです。具体的には、借入残高が年収の3分の1を超える場合、新規の借入れをすることができません。
※この規制が適用されるのは、貸金業者から個人が借入れを行う場合です。 銀行からの借入れや法人名義での借入れは対象外です。 また、住宅ローンなど一般に低金利で返済期間が長く、定型的である一部の借入れについては、 総量規制は適用されません。
(引用:JICC「よくあるQ&A」

 

土日祝日の即日融資は難しい銀行が多い

銀行カードローンも平日であれば消費者金融のように即日融資が可能な場合も多いです。お金を借りたい日が土日祝日である場合、平日とは事情が違ってきます。土日などの休日に銀行カードローンでお金を借りる場合、2つの条件をクリアする必要があるからです。

 

  • 土日祝日にも審査を実施している
  • 土日祝日でも即日借入れが可能である

 

銀行によっては、土日などの休日だと審査が翌営業日以降になってしまう場合もあります。土曜日や日曜日・祭日であってもインターネット申込みが可能ならば、審査も即日でやってくれる訳ではないのです。

 

土日祝日に即日審査を実施していても借入れをする手段がなければ、休日にお金を借りることはできませんよね。店舗窓口は休日にはもちろん閉まっていますし、振り込みも不可です。たとえば、ネットバンクである楽天銀行スーパーローンでも、楽天銀行以外の銀行口座へは土日祝日に即日融資で振り込みしてもらうことはできません。

 

ただし、銀行カードローンから土日祝日にお金を借りる方法が全くない訳ではありません。以下のような銀行であれば平日以外でも在籍確認を実施できる場合や、それに代わる方法での確認が可能な場合には即日融資可能になっています。休日であっても即日審査はもちろん、お金を借りる方法も用意されているんです。

 

土日祝日でも即日融資可能な銀行カードローン

 

  • 新生銀行カードローン レイク
  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行

 

レイクで土日祝日に即日融資を受ける方法

レイクを消費者金融として知っている方は多いと思いますが、2011年10月に新生銀行の「レイク」ブランドとしてカードローン事業を開始したため、現在は銀行のサービスとなっています。銀行カードローンとは言え、実際には金利や利用限度額は消費者金融のサービスと同様であり、アコムやアイフルのような無利息期間も用意されています。

 

  • 30日間無利息
  • 180日間無利息(5万円まで)

 

レイクでは、2つの無利息サービスのどちらかを選ぶことができるようになっているんです。一般的な銀行カードローンよりも高めの金利ではありますが、一定期間内ならば金利0円でお得に即日融資を受けることも可能になっています。

 

平日ならば、14時45分までに会員ページから手続きすれば登録した金融機関口座へ即日振込み可能です。平日の夜間や土日祝日の場合だと、振り込みでお金を借りることはできません。そんな時に便利なのがレイクの自動契約機なんです。

 

土日や祭日であってもレイクの自動契約機は利用可能になっているため、申し込みの当日中に即日カード発行が可能です。カード発行後はレイクのATMやコンビニATM・提携金融機関のATM(ゆうちょ銀行・セブン銀行・イオン銀行)から手数料無料で即日融資を受けることができます。

 

三井住友銀行で土日祝日に即日融資を受ける方法

三井住友銀行は大手銀行であるため、審査に時間がかかるというイメージが強いと思います。意外なことにカードローンの保証会社は大手の消費者金融が担当しているため、審査が早いんです。

 

三井住友銀行カードローンは、同行の預金口座を持っていなくても即日融資可能になっています。ただし口座の有無により借入方法の選択肢が違って来ることになるのです。

 

口座あり・なしの場合別に三井住友銀行カードローンで即日融資を受ける方法

 

 

口座ありの場合の即日融資

 

1.SMBCダイレクト

インターネットバンキング・モバイルバンキング・テレフォンバンキング

2.ATMから借り入れ @キャッシュカードにローン機能を付加 A自動契約機でカード発行
3.自動融資 既に持っている普通預金口座が残高不足の場合に自動的に融資

口座なしの場合の即日融資

1.ローン契約機で即日カード発行 店舗へ来店してローン契約機を利用することで即日融資が可能に

 

三井住友銀行に普通預金口座があれば、カードローンの審査に通った後すぐにSMBCダイレクトで振り込みの依頼をすることができます。来店不要・郵送物なしのWeb完結で即日融資を利用するには、申し込みの時点で三井住友銀行口座がある必要があるため要注意です。

 

口座があれば振り込み以外でも手元にあるキャッシュカードを利用し、ローンカードとしてATMからお金を借りることも可能です。カードローン専用のカードを発行する必要がないため、審査に通ることができればすぐに即日融資でキャッシングできるので便利ですね。キャッシュカードとは別にローンカードを利用したいという方は、ローン契約機で即日カード発行することも可能です。

 

普通預金口座の残高不足の時でも、自動融資によってお金を借りることが可能です。公共料金や携帯代の口座振替が残高不足のために引き落とし不能となるのを防いでくれますよ。

 

一方、三井住友銀行カードローンは普通預金口座を持っていない方でもローン契約機のある店舗に来店し、当日中にカード発行をすることで即日融資が可能になります。カード発行後は、三井住友銀行ATMはもちろん、ゆうちょ銀行やセブン銀行・その他の金融機関やコンビニのATMから即日借り入れできるのです。

 

三井住友銀行のローン契約機は、平日だけでなく土日や祝日でも基本的に21時まで利用可能です。口座のない方でも休日に突然必要となった資金を借りることが可能になるため、頼れる銀行カードローンの1つと言えるでしょう。

 

三菱東京UFJ銀行で土日祝日に即日融資を受ける方法

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、グループ会社であるアコムを保証会社としていることから、審査が早く終了する傾向にあり、即日融資も可能になっています。普段付き合いのない銀行であっても、口座不要で利用できますし、

 

平日ならば14時まで振込みの依頼をすれば即日融資での振込キャッシングが可能にです。

 

14時以降や土日などの休日の場合には振り込みでお金を借りることはできませんが、テレビ窓口に行って即日カード発行をすれば三菱東京UFJ銀行のATMコーナーやセブン銀行・コンビニのATMから即日融資でキャッシング可能です。

 

土曜日や日曜日・祭日でも即日融資可能となるテレビ窓口とはどんなものでしょうか。簡単に言えば、アコムなどの大手消費者金融で用意されている自動契約機を更に利用しやすくしたシステムということになります。ATMコーナーに設置されているテレビ窓口でオペレーターと会話しながら契約を進めていける便利な機械なのです。

 

テレビ窓口を利用して即日融資を受けたい場合には、運転免許証の持参が必須となっています(参考:「バンクイック」テレビ窓口でのお申し込み。本人確認書類としては健康保険証やパスポートなども利用可能ですが、テレビ窓口でカードを受取るためには運転免許証以外の書類だと即日発行不可になってしまいます。

 

バンクイックに新規申し込みする場合、土日祝日でも即日融資で借入れできるのは運転免許証を持っている方のみということになるんです。車の免許がない方はレイクや三井住友銀行のカードローンの方が即日融資を利用しやすいと言えるかも知れませんね。

 

即日融資の中小消費者金融

即日融資も可能な消費者金融と一口に言っても、実際には3つに分けることができるんです。

 

  • CMでも有名な大手の消費者金融
  • 知名度の低い中小消費者金融

 

アコムやアイフルなどの大手消費者金融はテレビCMでもお馴染みですよね。銀行のグループ会社であるキャッシングサービスも多いため安心して利用できることでしょう。

 

一方、中小消費者金融というと、全てが危ない金融業者のように思っている方もいるでしょう。実際には危険な消費者金融は一部のみであり、大手ほどの知名度や規模の大きさはありませんが、利息制限法の上限金利を守って営業しているため安心して利用できる金融会社も多いです。

 

 

利息制限法の上限金利


利息制限法とは、お金を貸し借りする際の利息の限度を定めたものです。銀行や貸金業者からの借り入れでも、個人間の借金でも利息制限法の上限金利が適用されます。

  • 10万円未満 年20%まで
  • 10〜100万円未満 年18%まで
  • 100万円以上 年15%まで

貸付金額によって上限金利も変わってきますが、最大でも年20%までの金利となります。(引用:利息制限法と出資法の上限金利

 

中小の消費者金融は、大手と比較すると審査基準が若干甘めになっているのが特徴となります。とは言え審査はしっかりと行っているため、簡単に即日融資してもらえると過信することはオススメできません。

 

中小の消費者金融でも大手同様に20歳以上で安定収入があることが利用条件となっています。18歳や19歳の未成年は大手でなくても即日融資を受ける前に利用すること自体が不可となっているのです。

 

たとえば以下のような中堅消費者金融は、法律の範囲内の金利で融資をしているので安全ですし、便利に即日融資でお金を借りることも可能です。

 

即日融資可能な中小消費者金融

 

  • セントラル
  • フクホー
  • エニー

 

 

土日祝日も利用可能!セントラルで即日融資を受ける方法

大手消費者金融と同じように最短30分という審査時間のセントラルは、即日融資も可能な中堅消費者金融です
。愛媛県松山市に本社のある金融会社ですが東京や神奈川県・埼玉県にも店舗があり、全国14店舗を展開しています。

 

申し込みはパソコンやスマホからできますので、24時間365日受付け可能です。通常のカードローンの他にもセントラルでは女性専用カードローン「マイレディス」も用意されていて、即日融資ももちろん可能になっているんです。

 

セントラルは人気キャッシングサービス同様に土日祝日でも即日融資可能となっています。多くの中小消費者金融が来店と振り込みでの借り入れとなっている中、セントラルでは大手のようなサービスが整ってるからです。

 

  • ローン専用カードの発行
  • 自動契約機「セントラルくん」の設置
  • 自社ATMの他にもセブン銀行ATMにも対応可能

 

セントラルでは大手のように自動契約機「セントラルくん」を店舗内に設置しているため、土日祝日であっても8時〜21時まで店頭と同じ審査や即日カード発行が可能です。

 

平日ならば14時までの申し込みで即日融資での振込みも可能ですが、休日の利用では振込みキャッシングを利用することができません。自動契約機が利用できるセントラルならば土曜日や日曜日でも安心ですね。

 

セントラルくんでカードを発行してしまえば、自社ATMだけでなくセブン銀行ATMでもお金を借りることができるので便利ですよね。

 

フクホーはセブンイレブン利用なら即日融資可能

中小消費者金融の1つ、フクホーは大阪府大阪市難波にあるフクホービルに難波店を構えています。フクホーでも「レディースキャッシング」が用意されているので、レディースコールで安心して相談することもできます。

 

フクホーはWeb完結で申し込みすることはできませんが、次の2つの方法ならば即日融資でキャッシングできるようになっているのです。

 

  • 来店による申し込み・契約
  • インターネットや電話での申し込み後にセブンイレブンのマルチコピー機で契約書一式を出力しFAXで提出

 

来店契約ならば、その場で契約を完了することができるため即日融資が可能です。一方、インターネットからの申込後に郵送契約を選択する場合には、契約書類が送付されるまで契約を完了することができません。書類に必要事項を記入した後に返送する時間も必要になります。

 

郵送契約でなくコンビニ契約を選択する場合には、必要書類一式をコンビニからネットプリントで出力できるのです。その後FAXで書類を送信すれば、即日融資で振り込みキャッシングが利用可能となります。ただし、来店契約以外で土日や祝日などに即日融資を利用することは、銀行が休業日のため不可となるのです。

 

エニーは平日なら来店不要で即日融資可能!

エニーは東京都台東区に本店を構える中堅消費者金融です。エニーでも最短30分の審査により即日融資での借り入れも可能になっています。ただしエニーの営業時間は平日9時〜18時までとなっているため、夜間や土曜日・日曜日・祭日などの休日に即日融資でお金を借りることはできません。

 

平日ならば、来店や振り込みでお金を借りることができますし、申込方法が多いのもエニーの特徴となっています。

 

  • 店頭
  • インターネット
  • 電話
  • FAX
  • 郵送

 

上記の内、郵送以外の申し込み方法であれば来店や振り込みでの即日融資が可能なので、どちらかお好みのキャッシング方法を選ぶことができるのです。来店不要で即日融資を受ける方法が多いのは、エニーのメリットと言えます。

 

即日融資ができない金融機関一覧

 

条件を満たせない場合に即日融資が不可となる金融機関

 

  • ゆうちょ銀行(即日回答可能、書類の郵送が必要なためスルガ銀行に来店できないと即日融資は不可能)
  • イオン銀行(14時までなら原則として即日回答、イオン銀行口座がないと即日振込みできない)
  • じぶん銀行(じぶん銀行口座がないと即日融資は不可能)
  • セブン銀行(セブン銀行口座がないと即日融資は不可能)
  • みずほ銀行(みずほ銀行口座がないと即日融資は不可能)
  • りそな銀行(りそな銀行とキャッシュカードがないと即日融資は不可能)
  • 千葉銀行(千葉県・東京都・茨城県・埼玉県・神奈川県(横浜市・川崎市)在住以外は即日融資だけでなく利用自体が不可)

 

 

土日に即日融資も可能な金融機関一覧

 

土日にも即日融資が可能となっている金融機関

 

  • アコム
  • アイフル
  • モビット
  • セントラル(中堅消費者金融)
  • レイク
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行

 

 

銀行カードローンの即日融資は停止になるの?報道について紹介!

2017年9月15日に多くの新聞で取り上げられたのが、銀行カードローンの即日審査・即日融資の停止の記事です。具体的には、2018年1月から個人向け銀行カードローンの即日融資や即日審査を一斉に取りやめる見通しが立ったということになります。これからは即日融資ならば消費者金融がオススメということになるでしょうね。

 

銀行カードローンの即日審査・即日融資の停止に関する参考記事

 

 

即日融資の取りやめと共に、過剰融資の抑制を目的とした自主規制ということになりますが、各社で報道している記事の内容を要約すると以下のようになるのです。

 

  • 貸付自粛制度の導入で銀行カードローンの利用縮小をアピール
  • 暴力団などの反社会勢力との取引排除を徹底するため警察庁へ照会

 

貸し過ぎ防止で利用縮小をアピール、貸付自粛制度の導入も検討

消費者金融とは異なり銀行では総量規制が適用されていないため、年収による借入れ制限がありません。もちろん銀行によっては「年収に対して2分の1まで」などの自主規制を敷いている場合もありますが、法律での取決めはないのです。

 

銀行カードローンには利用限度額が高額であること以外にも、消費者金融より低金利でお金を借りることができるという利便性もあります。

 

CMでの宣伝が消費者金融の2倍にも上るという宣伝効果も手伝って、近年銀行カードローンの利用者が急増していることが問題となっているのです。結果的に2017年の銀行の融資残高は消費者金融の2倍となっています。(参考:カードローンLABO「@銀行カードローンの「貸しすぎ」は以前から問題視されていた」

 

このような状況を受けて2017年以降からは、大手銀行を中心に自主規制を強化する動きが見られるようになっています。

 

  • 家族からの申し出による新規貸付け自粛の検討
  • 全国銀行協会が会員銀行の毎月末の融資残高を公表

 

上記の対策により銀行カードローンの過剰融資を防止する体制が整っていることをアピールし、貸し過ぎに対する批判をかわす狙いもあると見られています。

 

消費者金融による審査も問題視

金融庁では、銀行の債務保証をする会社が消費者金融であることも問題視しているんです。審査の際に利用者の収入や他社借入れの残高などを重視していないことを指摘しています。

 

過剰融資による多重債務者の増加を防ぐためにも、今後はスピーディーな即日審査や即日融資は難しくなっていくことでしょう。

 

暴力団などの反社会勢力との取引排除を徹底するため警察庁へ照会

銀行の融資は高額となることも多いため、これまで暴力団などの反社会勢力も便利に利用していたことでしょう。元より、どの金融機関も反社会勢力への融資は行わない方針となっていましたが、民間の金融機関が顧客の実態を知ることには限界がありました。

 

2018年1月からは、国内銀行がカードローンなどの個人向けの新規申し込みがあった場合、預金保険機構を通じて警察庁のデータベースに顧客が反社会勢力に関係がないかを確認する仕組みとなるのです。データーベースへの照会には数日間の時間がかかるとみられるため、今までのように最短30分での審査回答は難しくなるでしょう。このことも即日融資が事実上取りやめとなる理由の1つと言えるんです。

 

即日融資には即日審査のクリアが絶対条件

どうしても即日融資でキャッシングしたいならば、まずは即日審査を実施している金融機関に申し込みをする必要があります。申し込みの当日中に審査をしてもらうには、次の2つが絶対条件となるのです。ただし、申し込みに必要となる書類(本人確認書類、場合により収入証明書類)を事前に準備しておくことは言うまでもありません。

 

  • 審査が迅速なキャッシングサービスで即日審査を受ける
  • 申し込みの当日中に在籍確認をクリアする

 

審査が迅速なキャッシングサービスで即日審査を受ける

審査が早いキャッシングサービスと言えば、やはり大手の消費者金融ということになるでしょう。近頃は銀行カードローンも審査が早くなっていますが、審査を行っている保証会社を消費者金融が担当していることも大きな要因となっているんです。

 

大手の消費者金融の審査がどうして早いのかと言えば、長い歴史と実績、豊富な経験とノウハウやデータがあるからということになるでしょう。このようなサービスからお金を借りる際に即日融資が希望ならば、特に以下のことに注意が必要となります。

 

  • 早い時間に申し込みを済ませる
  • 借入限度額は少な目に、必要最低限の金額を希望する
  • 連絡先などの記入ミスに気を付ける
  • 借入件数や金額は嘘をつかずに正直に申告する

 

申し込みの時間は早いに越したことはありません。早い時間帯に手続きを始めておけば、万が一審査に予想外の時間がかかったとしても即日融資を受けられる可能性が高くなります。

 

借入限度額は、必要な金額だけを希望することをオススメします。希望額が少なければ審査に通る可能性も高くなるため、特に即日融資が希望ならば必要最低限の希望額を申告することが大事です。

 

申し込みに記入する連絡先は、間違いがないよう注意することが大切となります。申し込みの際に申告した内容と提出した本人確認書類の内容に違いがあると、嘘をついていると思われてしまう場合もあるからです。虚偽の申請は金融会社の心象を悪くする原因となります。

 

借入件数や金額で嘘をつくのも厳禁です。審査に際に信用情報機関に照会をするのが普通ですので、その際に他社借入れの事実はすぐに分かることになるのです。嘘をついていてもバレることになりますよ。即日融資でどうしても今すぐにお金を借りたいならば、真実のみを申告する必要があるんです。

 

申し込みの当日中に在籍確認をクリアする

キャッシングでお金を借りる時の審査の一環として在籍確認があります。在籍確認が終了しなければ審査も完了しません。即日融資を受けるためには、申し込みの当日中に在籍確認をクリアすることが必須となるのです。

 

平日ならば問題なく在籍確認が取れる場合でも、土日や祝日だと職場で電話を取ってくれる人がいない心配もあります。休日に即日融資を受けたい場合には電話で相談してみると良いでしょう。大手消費者金融では、書類で在籍確認を取ったり、融資を先にして後日に在籍確認を実施してくれる場合もあるようです。

 

在籍確認では、利用者が申し込みで申告した勤務先に本当に在籍しているか電話連絡を主な手段として確認します。本人の返済能力の有無を確認することが目的なので、確認が取れれば電話はすぐに切れます。消費者金融では社名を名乗ることはなく個人名で電話をかけてくれるため、本人が電話を取ることができない場合でも職場バレの心配はそれ程ないでしょう。

 

申し込みで勤務先の名称や電話番号に嘘があると、在籍確認が取れないだけでなく信用を一度に失うことになります。どうしても即日融資が必要な切羽詰った状況であるならば尚更のこと、事実だけを記入することが重要となるのです。

 

土日祝日の即日融資の流れはどうなっているの?

平日ならば振り込みキャッシングが利用できる場合であっても、土日祝日の場合だと振り込みで即日融資を受けるのは難しいことがほとんどです。例えば大手のアコムでは、楽天銀行口座があれば土曜日や日曜日であっても基本的に24時間いつでも振り込みが可能になっています。

 

一般的には土日に振り込み融資を受けられないのが普通なため、休日にお金を借りるならば自動契約機のある金融機関を利用することになるでしょう。平日と同じようにカードを発行することが可能になっているため、土日に即日融資を受ける流れの中で自動契約機の利用は欠かせないのです。

 

自動契約機は、大手消費者金融の他にもレイクや三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行にも設置されています。土日に審査に通過することができれば、即日融資も可能です。

 

土日祝日の自動契約機の稼働時間

金融機関名

土曜日・日曜日の自動契約機稼働時間

アコム(むじんくん)

土曜日・日曜日ともに8時〜22時(一部で21時)

アイフル(てまいらず)

土曜日・日曜日ともに8時〜22時

モビット(三井住友銀行のローン契約機)

土曜日・日曜日ともに8時〜21時

レイク

土曜日8時45分〜24時、日曜日8時45分〜22時、第3日曜日8時45分〜19時

三井住友銀行

土曜日・日曜日ともに9時〜21時

三菱東京UFJ銀行(テレビ窓口)

土曜日・祝日10時〜18時、日曜日10時〜17時

 

上記の金融機関なら土日祝日でも一定の時間まで即日カード発行が可能です。自動契約機を利用する場合の土日の即日融資の流れは以下のようになります。申し込み方法はそれぞれの金融機関によって異なっていますが、カード発行後は自社ATMの他にも提携金融機関やコンビニのATMからでも即日融資可能となるのです。

 

土日祝日の即日融資の流れ

 

  1. インターネットや電話で申し込み
  2. メールか電話で審査回答の連絡
  3. 自動契約機のある店舗まで行き契約・即日カード発行
  4. 店舗内のATM・提携金融機関やコンビニのATMからカードでお金を借りる

 

土日や祝日であっても平日と同じように利用できるサービスが多くなっています。ネットか電話で申し込みが済めば、休日であっても即日審査をしてくれますので、審査通過の連絡がメールか電話で入ったら自動契約機のある店舗まで行きます。その場で契約手続きを済ませることができますし、その後は即日カード発行も可能です。

 

カードが発行された後は、ATM手数料無料の店舗内のATMの他コンビニのATMでもお好みの場所やタイミングで即日融資を受けることができます。(自社ATM以外は手数料が必要となる場合もあります。)

 

自動契約機まで行く時には必要書類を持参する必要があります。即日融資を希望する場合には二度手間にならないように予め用意する書類について確認しておきましょう。

 

即日融資以外に即日利用できるサービスとは?

「即日」という言葉の意味を調べてみると、「すぐその日のうち。当日」ということになるようです。(参考:コトバンク「即日」

 

即日という言葉は、金融機関で「即日融資でお金を借りる」ということの他にも多くの場面で使われています。即日とはいつまで・何時までという基準はそれぞれの場面によって異なりますが、世の中で「即日」という言葉が使われているケースは意外にも多いようです。

 

  • 即日勤務可、即日払い(バイトなどの求人募集)
  • クレジットカードの即日発行
  • クリーニングの即日仕上げ
  • Aamazonの即日発送
  • 即日配達(運送会社)
  • 即日入居可能(賃貸物件の入居者募集)

 

 

即日勤務可、即日払い

 

アルバイトの求人募集では、即日勤務OKや即日払いなどを表記していることも多いです。面接を行った際に「明日から勤務してください」など、即決の採用となることをウリにアルバイトを募ることも多々あるようです。

 

即日払いは日払いの一種ですが、日払いよりも確実にその日の内に給料が支払われることを表しています。日払いが必ずしもバイトの当日に支払われるとは限らず、翌日や翌週の支払いになってしまうこともあるのです。

 

 

クレジットカードの即日発行

 

クレジットカードの即日発行は無理なのではないかと思っている方も多いでしょう。実は、一部のカードでは発行元となるお店に来店すれば、カードの即日発行も可能ということです。キャッシング枠が付与されれば、即日融資を受けることもできますね。

 

即日発行可能なクレジットカード

 

  • アコムACマスターカード
  • エポスカード
  • エムアイカード

(参考:今すぐ作れる!使えるクレジットカード即日発行ガイド

 

 

アコムACマスターカード

 

アコムACマスターカードは、大手消費者金融のアコムから発行されているクレジットカードです。カードローンとは全く違いクレジットカードのキャッシング枠としての利用となりますので、ショッピング枠との使い分けには注意が必要となります。

 

カードの発行は、郵送の他にもアコムの自動契約機「むじんくん」からも可能です。カードローン同様に審査に通過した後ならば即日カード発行ができるため、便利な1枚と言えるでしょう。

 

エポスカード

 

エポスカードは丸井が発行しているクレジットカードです。18歳以上ならば発行可能であることから幅広い年齢の方が利用できる1枚となっています。(20歳未満の未成年者は親権者への電話連絡の上、同意を得ることが条件)

 

インターネットからの申し込みの際にカードの受取り方法の選択が可能になっているので、丸井店頭受取りを選択した上でお近くの丸井を受取り場所に指定すると、クレジットカードの即日発行が楽に行えますね。

 

エムアイカード

 

エムアイカードは三越伊勢丹グループのクレジットカードで、グループ内の百貨店で買い物をするとポイントも貯められる仕組みになっています。申し込みはインターネットからもできますし、審査に通ればご指定の三越伊勢丹グループ百貨店内カードカウンターにて即日カード発行が可能です。

 

新規入会時にもポイントが貰えるキャンペーンも展開中ですが、2年目以降は年会費2,000円+税がかかるので入会には注意が必要となります。

 

 

クリーニングの即日仕上げ

 

クリーニングに大事なスーツを洗濯してもらう場合、時間をかけてゆっくり仕上げてもらった方が安心という方も多いでしょう。余りにも仕上がりが早いと手抜きをしているのではと心配になってしまうものかも知れませんね。

 

実は、クリーニングの即日仕上げというサービスもあるのです。早いからといって決していい加減に洗っている訳ではなく、きちんとした仕上がりが期待できるのです。

 

即日仕上げが可能なのクリーニング屋さんを利用する必要がありますが、「朝出せば夕方に仕上がり」などの看板を出しているお店を探してみると良いでしょう。

 

 

Amazonの即日発送

 

ネットショッピングで購入した商品は少しでも早く手元に届いて欲しいものですよね。大手ネットショッピング業者の1つである、Amazonならば注文の商品や会員の種類により商品の即日発送が可能になっています。

 

「当日お急ぎ便」という配送オプションを利用することにより、注文確定当日に商品を発送してくれるサービスがあるからです。お急ぎ便の利用には有料オプションとして通常よりも高い配送料が必要となりますが、年間プランで3,900円、月額プランで400円の会費が発生するAmazonプライム会員となれば、無料で即日配送を利用することができるんです。

 

初めから会費を支払うのは不安という方は30日間無料体験もあるので、まずはお試しで利用してみると良いでしょう。

 

運送会社の即日配達サービス

 

「荷物の配達には一定の時間がかかる」というのが一般的な常識と言えるかも知れません。ところが、実は以外と即日配達してくれるサービスは多いのです。

 

  • 郵便局「当日配達ゆうパック」:午前中の差し出しで当日にお届け、ゆうパックの基本運賃のみで利用可能
  • 郵便局「新特急郵便」:事前の登録と継続的な利用が必要
  • 佐川急便「飛脚即日配達便」:近隣エリア限定で午前中に預けた荷物を即日配達
  • ヤマトグローバルエクスプレス:営業所に午前10時までに持ち込めば全国主要都市へ即日配達
  • エフワン便:日本全国どこからでも即日配達可能、バイク便・トラック便・新幹線便・航空便と様々

(参考:当日配達できる配送業者まとめ

 

 

即日入居可能

 

急な引越しや転勤が決まった時、今すぐに決めるべきは次の転居先ですよね。今は即日入居可能な物件はとても多いので、インターネットで賃貸物件の入居者募集サイトを検索すればいくつかの候補が見つかることでしょう。
即日入居可能な物件を探す場合には、次のポイントに気を付けると良いみたいですよ。

 

  • 問合せはできるだけ早めにする
  • 気になった物件をリスト化して活用する
  • 条件を絞って検索する

 

 

カードローンのネット申込み以外で24時間利用できるサービスを紹介!

カードローンの申し込みをする場合ならば、消費者金融だけでなく銀行でもインターネットから24時間365日利用できるようになっています。必要な時にいつでも24時間利用できるということは、非常に便利なサービスと言えるでしょうね。

 

24時間利用できるサービスは、カードローンの申し込みだけではありません。

 

  • コンビニやコンビニに設置されているATM
  • ニッポンレンタカー
  • ソフトバンク「ホワイトオフィス」:ソフトバンクのケータイ・iPhone・スマホで内線通話が社内・社外どこにいても24時間定額料金で利用可能(参考:ソフトバンク「ホワイトオフィス」
  • すき家
  • 吉野家
  • 松屋

 

24時間営業と言えば、やはりコンビニですよね。コンビニの店舗内に設置されているATMも基本的に24時間稼働しています。深夜でも必要な時に買い物ができて、ついでにATMからお金を引き出したり、カードローンの借り入れができるのは便利ですね。

 

レンタカーではニッポンレンタカーが24時間営業を行っています。急に車が必要になった時に頼れる会社と言えるでしょう。モバイルではソフトバンクが職場の通信環境に貢献をしています。24時間定額利用ができるため、会社のコストを抑えるのに助かるサービスとなっているんです。

 

外食産業ではファミレスが軒並み24時間営業を停止している中、すき家・吉野家・松屋などの牛丼チェーンが一時的に停止した24時間営業を再開しているようです。深夜の雇用人数を最小限に抑えられる営業体制にあることが理由となっているのでしょう。

 

激甘や無審査の消費者金融は利用してはダメ!

『消費者金融は審査甘い、誰でも即日融資でお金を借りることができる』と思っている方は多いかも知れませんね。ですが、実際には激甘審査ファイナンスである闇金以外で無審査や審査甘い消費者金融はありません。

 

確かに大手の消費者金融は即日融資も可能になっていますが、決して簡単審査ではないのです。テレビCMでも見たり聞いたりするキャッシングサービスであるため、親しみやすいイメージがあるかも知れません。

 

ですが、親しみやすいイメージと反して審査基準は厳しくなっています。人気の消費者金融ならばそれでも多くの方がお金を借りることを希望するため、借入条件が多少厳しくても利用したいと考える方は多いです。

 

一方、街金とも呼ばれる中堅消費者金融では知名度や人気の低さから、銀行や大手消費者金融に対抗する手段を考える必要があるのです。審査基準が比較的甘くなっているのも利用者獲得のためと言えるでしょう。(参考:街金の審査は甘いのか?銀行や大手消費者金融と比較して見極めよう

 

特に、闇金は審査なしや激甘審査でお金を貸しているため、充分な注意が必要です。街金に紛れていることも多く、知らずに闇金を利用してしまう方も少なくありません。更には最近、ソフト闇金が増えて来ているのも知らずに闇金を利用してしまう理由と言えるでしょう。

 

 

ソフト闇金とは


ソフト闇金とは、基本は闇金融と同じように違法な行為を行っているものの、闇金のような脅迫まがいの取り立てはなく、利用者に優しく接しているスタイルを取っている集団です。しかし、行政へ賃金業としての登録を行っておらず、違法な金利で貸し付けを行なっている賃金業者という意味では闇金と遜色はありません。(引用:ソフト闇金とは|ソフト闇金の実態と巧妙な手口

このように中小消費者金融の中には、闇金や一見して闇金とは分らないようなソフト闇金以外の中堅消費者金融もあるのです。無審査や激甘の審査で即日融資をする金融業者を利用するのは絶対にダメですよ。

 

闇金からお金を借りた場合、法外な金利のために借入元金の返済どころか、毎月利息の支払いに追われる危険があるからです。返済に遅れると怖い人が自宅や会社まで取立てに来ることも珍しくありません。